バイク買取査定

バイクを売却したい時の手続きとは

2014/10/27
文/野岸 泰之 構成/バイクブロス・マガジンズ編集部


人生の要所要所で色々な取捨選択を迫られるケースがあり、例えば長年乗ったバイクをどうしても手放さなければいけない時があります。排気量によりその時の手続きは様々ですが、その中のひとつ、バイクの売却手続きについて、その方法を分かりやすく紹介しましょう。

kaitori_1_1

買取サービスでどんなバイクも“お金”になる?

専門業者による買取りを利用する

バイクに乗っていれば一度は耳にしたことのある、大手バイク買取専門業者。彼らに売却をお願いすると、それぞれのバイクの状態によりますが、買取り金額がつくことがあります。単に役所手続きをして廃車にしてしまうのと違い、買取業者を利用することでお金が得られるメリットがあります。

また、専門業者による買取りなので、見積もり査定から値段決定、支払いといった流れが明確で、書類手続きも確実に行ってくれます。

大手バイク買取り専門業者は、サービス体制が整っていて買取りエリアがほぼ全国区であるという利点があります。また、基本的には自宅まで出張買取り(見積り)に来てもらえるので、保険切れなどで走ることができないバイクでも売却しやすいという特徴があります。1点気を付けたいのが、業者によってはどうしても買い取ろうと、強めにプッシュされることがあります。ただ、金額などに納得しなければ売却する必要はないので、その際はハッキリと断りましょう。

バイク販売店による買取りを利用する

バイクを売却するもう1つの手段として、バイク販売店による買取りの利用があります。これには、『自身でバイクをお店に持ち込む方法』と、『販売店が出張買取りをしてくれる方法』の2通りがあります。こちらも専門業者による買取り同様に買取り金額がつき、バイク販売店からオーナーへの支払いが発生する可能性があります。

販売店による買取りも、バイクの売買には慣れているので、書類手続きなどを確実に行ってくれます。

バイク販売店による買取りは、買取り専門でやっているわけではないので、例えば一括見積りを依頼した後の電話連絡などのレスポンスにバラつきが出ることがあります。また、出張買取りを行わない店舗(持込みのみ)もあります。ただし、各店舗で得意とするメーカー、車種がある場合、金額的にも積極的な買取りが行われることがあるので、連絡が早い大手にすぐ飛び付くのでなく、販売店の買取りとしっかり比べると有利な価格で売却できる可能性が出ます。

個人売買でバイクを売却する

友人同士での売買やインターネットのオークションなどを利用して、個人間でバイクを売却する方法があります。明確な値段基準がないので、売却価格にバラつきは出ますが、珍しい車両やカスタムされていると高値がつく可能性があるのは魅力です。ただし、車両の受け渡しから書類手続きまで、すべて個人で行う必要があるため、掛かる労力は大きくなります。

名義や登録といった書類関係が発生する場合は、すべての手続を正確に行わないとトラブルの原因になります。両者間でしっかりと手続きを進める必要があり、また、お金の支払、コンディションの判断のずれなど、注意する点が多く作業量は増えます。

専門業者による買取査定を受ける時、気をつけること

バイクの査定には名義人(オーナー)の立会いが必要

バイクの査定には書類上の名義人の立会いが必要となります。また、外観だけでなく実際のエンジン始動のような細かな部分まで確認するので、概ね30分~1時間ほどかかるようです。査定予定を入れる場合は、時間に余裕を持って予約しましょう。販売店への持ち込みも予定を確認してから、名義人が車両を持ち込みましょう。

査定の時に必要なもの

業者や販売店による査定時には、『車検証』と『自賠責保険証明書』が必要です。他にも売買成立の際には免許証などの身分証明書や印鑑が必要になってきます。また、カスタムしている場合でも手元にノーマルパーツが残っていればそれも用意しておきましょう。すぐにパーツが準備できない場合でも、後日送れば大丈夫という場合もあるようです。

ただし、「車検証を無くしてしまった」という場合は業者側で再発行手続きなどの対応をすることは不可能なので、すぐに用意できない場合はあらかじめ伝えておくことが必要です。

関連する記事:バイクを売却する時に必要なものとは?

書類は大事に取っておく

廃車手続きした車両の『廃車証明書』を紛失してしまった場合、証明書の再発行はかなり面倒です。例えば、元々の登録地である役所に出向く必要があります。再発行自体も時間がかかり、1日で済まないこともあります。廃車証明書を発行したバイクは役所に書類などのデータが残っていないので、書類は無くさないように保管しておきましょう。

また、自賠責、任意保険、車検証などの書類もしっかり揃えておくのが望ましいです。

無料一括査定をスタート