バイク買取査定

バイク売却時の『下取り』と『買取り』どちらがお得?

2015/05/12
文/野岸 泰之 構成/バイクブロス・マガジンズ編集部


バイクを買い替えたり乗り換える際に、古いバイクを売却するには、ふたつの方法があります。ひとつは、新しいバイクを購入するお店に、古いバイクを下取りしてもらう。ふたつ目は、バイク買取業者に買い取ってもらう。この『下取り』と『買取り』は、どちらがお得なのでしょうか? 実はそれぞれにメリット、デメリットがあるのです。

kaitori_14_1

下取りと買取り、それぞれの特徴を知ろう

下取りは安心感と便利さがメリット

『下取り』とは、新しいバイクを買うお店に古いバイクを売却すること。販売店で古いバイクの価値を査定してもらい、その分、新しいバイクを値引きしてもらう、という意味合いが強いものです。

■メリット
・新しいバイクが納車されるまでの間、古いバイクに乗り続けることができて乗り換えがスムーズに行えます。通勤、通学などで毎日バイクを使っている場合などは便利です。また、納車の際に古いバイクに乗って行けば、交通手段にも困りません。
・古いバイクの売却と新しいバイクの購入を販売店でまとめて行うので、手続きが楽です。
・古いバイクもそのお店で買ったなど、すでに馴染み客であれば安心感があります。

■デメリット
・販売店の下取りにおける査定価格は、一般的に買取専門業者に売却する場合よりも相場が安いと言われています。
・下取りしたバイクはそのまま販売店で販売することが多いので、地域差やお店の在庫状況などによって、下取り価格に差が出ることがあります。
・新しい車両に対しての値引きという要素が強いので、古いバイクが実際いくらの価値があるのか、正確にわかりにくい場合があります。

買取りは価格面で有利

『買取り』は、単純に古いバイクを売却し、現金化することを言います。

■メリット
・一般的に下取り価格の相場に比べ、買取価格の相場の方が高い傾向があります。
・買取専門業者は買取ったバイクを業者間専用のオークションで転売するため、地域や在庫状況、販売力などに左右されることなく、全国的な相場で買取ってもらえます。
・多くの業者が存在するので、その中から自分で好きな業者を選ぶことができて査定価格も比較することができます。

■デメリット
・買取業者も大小さまざまあり、なかには不当に安く買い叩こうとしたり、買取価格が折り合わないと粘って帰らない業者もいると聞きます。
・高額査定を引き出すには、ユーザー側にもある程度価格交渉ができるコミュニケーション力が求められます。しかしこれは逆に、交渉の余地がある、とも言えます。

一般的に査定価格の相場は買取りの方が高い、と言われています。しかし下取りと買取り、どちらが得になるかは、車種や車体の状態、地域差、販売店や業者が欲しい車両の在庫状況などによりさまざまです。まずはインターネットで一括査定を行い、自分のマシンの価値を知っておきましょう。それから買取りと下取りのどちらが良いのか、じっくりと考えたうえで動くのが、損をしない方法と言えるでしょう。

無料一括査定をスタート