バイク買取査定

車検切れのバイクでも売却できる?

2015/06/09
文/野岸 泰之 構成/バイクブロス・マガジンズ編集部


乗らなくなったバイクを売却したいけれど、車検が切れている。そもそも、車検切れのバイクって売れるの? そんな疑問を持っている人もいると思います。結論を言うと、心配ご無用、車検切れのバイクでも売ることは出来るのです。

kaitori_16_1

基本的に自走できないので買取業者に頼むのがラク

車検切れのバイクは乗っちゃダメ!

まず大前提として確認しておきたいのが「車検切れのバイクは公道で乗ってはいけない」という点です。名義変更や売却のために乗ると「6か月以下の懲役または30万円以下の罰金および違反点数6点付加(累積点数方式)」となります。

自賠責保険も切れていた場合は、さらに「1年以下の懲役または50万円以下の罰金および違反点数6点付加」がプラスされ、それまでの違反歴や累積点数状況によっては一発免停どころか、免許取り消しになるケースもあります。それを踏まえて、車検切れのバイクを売却する方法を見てみましょう。

車検は取らずにそのまま売るのが得!?

まず、買取業者に売る方法です。これは、買取査定から引き上げまで、自宅やガレージなどバイクが保管してある場所ですべて行うことが出来るため、手間がかかりません。買取業者はトラックで来るので、車検が切れたバイクでも問題なく買取ってくれます。

買取業者に売る場合「車検を取っておいた方が高く売れるんじゃないの?」と思うかもしれません。確かに「車検あり」のバイクのほうが「車検切れ」のバイクよりも査定額は高くなります。ところが、実際は車検を通さずにそのまま売った方が得になります。

業者は車検も修理も自分の会社で出来るため、車検切れのバイクでも修理にかかる原価分しか引かれないのです。また、中古バイクの相場は1日ごとに下がっていくため、車検を通さずそのまま査定して買取ってもらった方が、手元に残るお金は多くなり、結果的に得なのです。

自分で売却するのは何かと面倒

もし車検切れのバイクを自分で動かして売却や名義変更を済ませる場合は、ワンボックスカーやトラックに積載して運ぶか、自走する場合には仮ナンバーを取得する必要があります。バイクを積める車を持っている人は別ですが、そうでないとバイクを積めるレンタカーを借りるほか、積載や固定などの道具やノウハウも必要になってきます。

仮ナンバーの取得は、バイクのナンバーの管轄とは関係なくどこの市区町村の役所でも申請出来ますが、切れた車検証のほか、有効期限内の自賠責保険証と印鑑、免許証、使用料(おおむね1,000円以下)が必要となり、移動経路なども申請する必要があるため、かなり面倒な手続きと言えるでしょう。

車検切れのバイクを売る際は、手間や費用などトータルで考えると、車検を通さず買取業者に頼むのがもっとも効率がいい方法と言えます。インターネットによる一括査定を利用すれば、多くの業者と一度にコンタクトが取れて、指定した日時や場所に買取査定に来てくれるので、車検切れのバイクでも手軽に売却することが可能です。

無料一括査定をスタート