スマートフォンサイトへ
バイク買取・査定 > 買取り、下取り、個人売買徹底比較

バイクブロスのバイク買取査定は、最大8社があなたのバイクを無料で一括査定してくれます!

現在の査定方法はインターネットが主流

愛車を専門業者に買取査定してもらう前に是非とも利用しておきたいサービスがあります。それは、実際の査定を依頼する前に大まかな査定額を調べることができる『インターネット買取査定』です。複数の買取業者による愛車の価値を事前にある程度把握することができるので、売却方法を決める判断材料になります。

持ち込み査定のメリットについて

販売店への持ち込みは、そこまでの手間や労力をユーザーが負担することで、その分を買取価格に転嫁されないので、出張より高値が付く可能性があります。また、その販売店と相性のよいバイクを売却する場合、さらに高値が期待できます。もちろん、価格に納得できなければ、その場でキャンセルも可能です。

出張査定のメリットについて

近所に販売店がない場合や、車検切れ、不動車の売却で強みを発揮します。持ち込みと違い、帰りに徒歩で帰る、という手間もありません。もちろん、価格に納得できなければその場でキャンセルは可能です。

査定を依頼する時に気をつけておくこと

おおまかな査定額がわかり、実際に査定を依頼する場合は事前の予約が必要になります。出張の場合、場所によっては当日中に来てもらえることもありますし、遠隔地の場合は日数がかかってしまうこともあります。また、バイクの査定には名義人(オーナー)の立会いが必要となります。バイクの細かな部分も確認するので概ね30分〜1時間ほどかかるようです。時間に余裕を持って予約を入れるようにしましょう。持込も販売店の予定を確認してから、名義人(オーナー)が車両を持ち込みましょう。

査定の時に必要なもの

査定時には、車検証と自賠責保険証明書が必要です。他にも売買成立の際には免許証などの身分証明書や印鑑が必要になってきます。また、カスタムしている場合でも手元にノーマルパーツが残っていればそれも用意しておきましょう。すぐにパーツが準備できない場合でも、後日送れば大丈夫という場合もあるようです。ただし、「車検証を無くしてしまった」という場合は業者側で再発行手続きなどの対応をすることは不可能なので、すぐに用意できない場合はあらかじめ一括査定時に伝えておくことが必要です。

書類は大事に取っておく

廃車手続きした車両の廃車証明書を紛失してしまった場合、証明書の再発行は難しく、最悪の場合は買取できないことがあります。廃車証明書を発行したバイクは役所に書類などのデータが残っていないので、書類は無くさないように保管しておきましょう。


一括査定はこちらから
バイクのメーカー
現在の郵便番号

close